つわり対策で吐き気も予防したい。そんなサイトです。

賢い借金返済方法を極めて借金を半額にしませんか?借金返済
自己破産のデメリットをメリットに変えた人の方法です。

 

 

つわり予防対策で吐き気も改善出来た
私の方法を書かせていただきます。
つわり

 

つわりって
本当に大変ですよね。。。
(私は3回経験しています。)
 

旦那さんは心配してくれるけど、
男性にはわからない悩みだから結局は
自分で解決するしかないんですよね(^^;
 
専門家でも完璧なつわりの対策はいまだに
わからないので自分に合った
つわり予防対策をしましょう。
 
ちなみに私の場合は食べづわりと吐きづわりが主でした(^^;
何故か今までそこまで
食べなかったマクドナルドのポテトや、

ケンタッキーの和風チキンカツサンドが異様なほど、
食べたくなっていましたw
 
旦那さんには仕事終わりに
買ってきてもらっていましたが、
今、食べたいものというか、
今、食べれるものを食べるしか対策がなかったです。
 
友達からは
「ビタミンB6や生姜がつわりの対策に良くて、
吐き気も収まるよ!」
 
って言われて飲んでみましたが、
私にはあまり効果はありませんでした。。。
 
でも、

こんなに辛いつわりを少しでも軽減したい!!
 
こう思うのは
妊婦さんなら誰でも思いますよね!?
 
私が自分の体験談や友達から聞いたり、
ネットで調べたつわりの予防対策方法を書かせていただきます。
 
少しでも参考になれば幸いです(^^)
 
つわり対策 
 


ちなみにつわりの主な種類は

・吐きづわり
(嘔吐、おう気、吐き気)
 
・匂いづわり
(匂いへの嫌悪感、湯気)
 
・食べづわり
(食べ物の好き嫌いの変化)
 
です。
 

・吐きづわり対策
 
吐きづわり対策としては、
本当に雑誌に書いてある通りですが、

今、食べれるものを食べる!!
 
が1番です(^^♪
 
あまり脂っこい物ばかりは良くはないですが、
パンやお菓子など軽いものを
いつも家に備えておいて
食べたい時に食べれば大丈夫です。

一口でもOKですし、
私は1日に7,8回くらい
食べる感じでした。

栄養面は葉酸サプリなどで
少し補えばOKですの心配は無かったです。
夕方になると体調が悪くなったりしていたので、

朝方になるべく食べる生活をしていました。

吐いたりもしますので、
脱水症状予防に水分はこまめにとれるように
冷蔵庫には様々な種類の飲物を準備していました。
 
炭酸飲料が少し効果があったので、
味がついていない炭酸水を少し飲んで
みたら効果を感じましたよ(^^♪
 

始めの頃は
お腹の赤ちゃんの為に
「ムリしてでも食べなきゃ!!」
 
みたいな義務感がありましたが、

産婦人科の先生に相談したら
「ムリせず食べれるものを
食べたら心配いらないよ」
っと、
言われてからは気持ちの部分から
かなり楽になりましたし、
生まれてきた赤ちゃんも無事に5歳(長男です)で
問題なく大きくなっています(最近、生意気は言いますがw)
 
 
この様な生活を
妊娠経験がない旦那さんなどが見ると
「無理してでも栄養をとれば?」
っと、言われる事はあると思うので、
そんな時はつわり対策の本か何か
見せて納得させましょう 笑

 
つわりに対して理解がない生活を送っていると、
余分なストレスもかかってしまうので、
つわりに対して理解がある
環境作りも大事なつわり対策です。
 
 
・匂いづわり対策
 
匂いは色々なものがダメになってしまいます。
お米の匂いや野菜の匂い、、、
 
今まで平気だったものが
急にダメになってしまいます。
その為に私がした対策は
・マスク

(鼻まで覆うタイプのマスクをして
その中に鼻センをしたり)
 
・匂いをリセットする用に
小さいスプレーを常備
(自分が好きな匂いを入れます)
 
です。
 
当然、料理も匂いがきついので、
なるべく匂いを嗅がない様に
鼻栓などをして料理したり、
大丈夫な匂いの食材をネットで検索して、
その料理をするようにしたら
かなり楽になりました。
 

 
・食べづわり対策
食べづわりですが、
食べた時だけつわりが楽になる症状です。
 
私はジャンクフードが食べたくなる体質だったので、
マックポテトなどを少しずつ
食べたりしましたが、その合間に
葉酸サプリなどで
栄養補給をしながら生活しました。
 
友達はパンやゼリーなどを一気に食べず
少量ずつ食べて
つわりの症状の減少が出来たらしいです。
 
大体こんな感じですが、

結論として
つわり対策に万能な物は無いという事です。
 
でも人それぞれに合った
行動をする事で
つわりの症状の軽減をする事は出来ます。
 
でも、
つわりの辛さが
あればあるほど余計に
生まれてくる赤ちゃんが可愛く思えるのは
事実です(^^
 
時間がたてばつわりの症状も
減っていくので、
生まれてくる子供の為を思って、

前向きに頑張りましょう!!
 
最後につわり中に注意して
欲しい事を書いておきます。
 
それは
妊娠中にしっかりと
葉酸を摂取しているか?
っと、いう事です。
 
「みんなの家庭の医学」に
出演されていた石原藤樹先生のブログ
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2010-10-08
にも書かれている内容を読んでもらえたら
わかりやすいと思います。
 

下記の内容です。
 
 
FDAとは日本でいうと厚生労働省のような場所で
アメリカ政府機関です。
 
 
医療先進国のアメリカでは、
FDAが
妊婦に対し、
葉酸の摂取を推奨しているのに、
日本ではそのような事がないという
問題に危機を感じているという内容です。
 
確かに

せっかく辛いつわりを耐えて
生まれてくる
可愛い赤ちゃんが
栄養不足で先天奇形などになったら
その悲しみは計り知れません。。。
(先天奇形について
詳しく書いてあるサイトは
こちら
http://merckmanuals.jp/home/%E5%B0%8F%E5%85%90%E3%81%AE%E5%81%A5%E5%BA%B7%E4%B8%8A%E3%81%AE%E5%95%8F%E9%A1%8C/%E5%85%88%E5%A4%A9%E7%95%B0%E5%B8%B8/%E5%85%88%E5%A4%A9%E7%95%B0%E5%B8%B8%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9F%A5%E8%AD%98.html
 
つわりがある妊娠初期から
摂取するのが1番の対策と言えます。
 
しかし、
葉酸を野菜から摂取しようとすると、
大変な量になります。

(葉酸が多いと言われる
ホウレンソウで計算すると、
約4束で800グラムです。。。)
 
 
そんな妊婦さんに1番おすすめな
葉酸サプリです。
 
その葉酸サプリの中で1番のおすすめは
私が調べた結果は
下記のベルタ葉酸サプリです。

 
この葉酸サプリは
たまひよなどの雑誌にも
掲載されている

産婦人科もおすすめな
葉酸サプリです。
 
もちろん
・国産
・無添加
・農薬検査済
・放射能検査済
 
で、安心して使用出来るアイテムです。
 

 
1日の摂取目安の400μgが
簡単にとる事が出来ます。
 

つわり対策 

 

つわり対策

 

あとは女性には嬉しい
コラーゲンや、
プラセンタも一緒に摂取出来ます。
 
つわり中でも
美容ケアが出来るのは、
ベルタ葉酸サプリが
1番人気の理由だと思います(^^
つわり対策

 

 

様々な種類のサプリがありますが、
この販売元は気になる事は
専属のオペレーターが常備していますので、
気軽に質問出来るんですよ(^^♪

オペレーターも
ベルタ葉酸サプリを使用して
出産した元妊婦さんですので、
妊婦の先輩に対して色々聞けるのは、
よかったですよ!

 

こちらの葉酸サプリは
薬局などでは販売されていません。
 
買うなら通信販売しかないですが、
定期コースなら今なら
割引価格の3980円で買う事が出来ます。
 
生まれてくる赤ちゃんの為に、
つわりを頑張っている自分の美容の為に、
是非摂取してみてはいかがでしょうか?
 

 

普段は5980円のものが、
今なら33%割引ですので買うなら
今がおすすめですよ。 
 
これで丈夫で
かわいい赤ちゃんが生まれてくる様に
頑張って下さいね!!

 

 

 

  初めはほとんど体に変化が無くて、私は悪阻にならない体質なんだろうと考えていました。それが4ヶ月頃から、食べるとムカムカする。でも食べないで空腹でいるのもすっきりしなくて、食べ物を口にするとムカムカする。と言う食べ悪阻になりました。とにかく空腹が気持ち悪くて、そしてつわり対策で食べたくなるのが何故かこってりとしたナポリタンやハンバーガーといったジャンクフードっぽい物。もちろん食べると胸やけでムカムカ。その期間がしばらく続いた後は、お腹の中で胎動が起きると、胃腸やお腹が圧迫されてムカムカ。とにかくいつも食べるのとムカムカの繰り返しでした。あと、とにかくつわりの影響で眠気もありまさした。動くとお腹が張って苦しくなるので、とにかくすぐに座りたくなる。でも座ると眠くて眠くて仕方ない。つわり対策で吐き気があっても少しでも中途半端に眠ってしまうとその後動くのが辛い。眠気ともいつも葛藤していました。一人目の妊娠の時はそれでも、自分と旦那のことだけしていれば良かったし、極端な話をすれば旦那のことは放っておいても大人なんだから自分のことは自分でやってくれる。辛かったのは2人目の時でした。3歳離れての出産でしたが、3歳はまだまだとても手がかかる。自分の悪阻と戦いながら幼児の世話をするのはとても大変でした。自分は食べたく無いのに、調理をしなくてはならない、自分は横になっていたいのにお風呂に入れて寝かしつけなくてはならない。悪阻はお腹の子供が元気な証拠と言うので、それだけをたよりに乗り切りました。     私のつわり対策は、妊娠発覚時より始まり、出産間際まで続きました。水分を取っても吐いてしまい、食べることも、飲むことも恐怖になるくらいでした。掛かり付けの産婦人科の助産師さんに相談すると、お腹の赤ちゃんは順調に成長しているので食べられなくても大丈夫だけど、つわりちゅうの対策として水分は少しずつでも取らないと脱水症状になってしまうから、気を付けるように言われました。それでも、つわりの度に吐いてしまうためか、喉の何処かが傷ついたのか、血が混じったり、鼻血が出たり…食事は温野菜や魚料理だとなんとか食べられましたが、お肉料理や揚げ物などを食べたら、すぐにつわりで吐き気体の外へ出されてしまいます。美味しいラーメンを食べても、少し高いステーキを食べても数分後には体の外に排出されて余韻すら味わえず、もともと、お出掛けをして、食べることが好きな私は、つわりのために、家でほとんど寝ている状態でした。唯一、食べても大丈夫だったのが、グレープフルーツ等の柑橘系のくだものだけ?くだものも、果糖が含まれているので、食べ過ぎてはダメと注意されましたが、他に食べるものが無いので、いよかんや、果肉の大きな柑橘系のフルーツを食べていました。ダメだと言われると、余計に食べたくなります。でも、なんとか乗り切って無事に出産することができました。   私のつわりの吐き気予防法 生理予定日何日か前から、頭痛がしていて、何か変だなぁといった感じでした。 生理予定日当日、いきなりつわりで吐き気が始まりました。 その吐き気も、今まで感じた事のない類の、何て言い表していいのか分からないですが、 何か変!まさか! と、直感的に感じれるかと思います。 そしてその後、妊娠検査薬をすぐに買いにいきました。 その日から、3カ月、4カ月辺りまでずーっと吐き気、頭痛も続きました。 吐き気ですが、 私の場合は、まず匂いがだめ。 お米の炊ける匂い、食品の匂い、飼っていた犬の匂い、人の体臭、旦那の口の匂い、タバコの匂い。などなど。 ありとあらゆる匂いがダメになってしまい、嗅いでしまったらOUT。ゲーゲーつわり対策をしたのに吐いてしまっていました。 後は、夕方。 疲れからなのか、夕方になるとゲーゲーとつわりで吐き気。 そして、つわり対策食事での予防も、食べていない時の方が楽だったので、あまり食事はとらず、また、1回に沢山の量を食べると気持ち悪くなってしまったため、少量をちょくちょく食べてました。 常に、お腹が空いているギリギリのラインぐらいが楽でした。 王道ですが、炭酸は気分がさっぱりして良かったです。 あとは、フルーツ。 本当にこの時期は、 無理をせず、食べれるものを、食べれる時に食べる、というのでいいと思います。   妊娠がわかったの時点で5週目でしたが、その少し前に何年も変わらない、トーストとコーヒーという朝食が、急に食べたくなくなりました。何となく食欲がないなと感じていましたが、季節の変わり目だからかなと思い、つわりでも無理やり食べていました。妊娠が発覚してからは、元々頭痛持ちで頭痛薬に頼っていたところもあり、薬を飲まずに頭痛を耐えました。その辺りから気分が沈むようになり、徐々に食欲不振が始まりました。そして、食べれそうな時は決まってしょっぱいものを食べたくなりました。フライドポテトが本当に美味しかったです。次に、匂いにとても敏感になりました。元々鼻が良いので、普段の倍以上匂うような感覚で、良い香りと思って使っていたシャンプー、ボディソープが気持ち悪くなり、お風呂の時間が苦痛で仕方ないです。ボディソープも、昔ながらの固形石鹸に変えました。そして食器用洗剤がまた辛いのです。直接胃袋に流し込んだようにきつい匂いに、思い出すだけでも嗚咽します。それは、約6週から現在の13週まで続いています。 後は、つわり中は注意力や行動力が極端になくなりました。何度も何度も予防で確認しないと仕事でミスをしていたり、いつも出来ていたことが抜けていたり、目の前に車が来ているのに気付かなかったりと、自分でも自分が分からないです。歯を磨いたり、洗濯物を干すことに何の苦痛も感じていなかったのに、物凄く気合を入れないと立てないほど、行動するのが面倒になっています。 11週の時は随分と楽な日が多かったきがしますが、12週の時にまたもどってしまいました。むしろ匂いに更に過敏になり、嗚咽が増えました。早く治って欲しいです。   つわり対策で吐き気でも胎教を!!   つわりがありましたが、つわり対策で吐き気で実際に吐いてしまうほどのひどいつわりではありませんでした。少し気持ちが悪い時に、気分をまぎらわせようと好きなものを食べたりしていたら、あれよあれよと太ってしまいました… つわりもおさまって、おなかが出てくると、膀胱が圧迫されるのか、トイレが近くなったりしました。大きいほうがしたい時は、あんまりふんばって、赤ちゃんが産まれちゃったらどうしよう…なんて心配をしてみたりしてました。 胎動も感じられると、ぐりぐりしていて変な感じですが、ああ、赤ちゃんがいるんだ〜と、自分のおなかに赤ちゃんという命があるのが、信じられないような、嬉しいような気持ちがしていました。逆に、つわり対策で吐き気の中でも胎動がしばらく感じられないとすごくすごく心配になって、おなかをさすってみたり、話しかけてみたり… 妊娠中は、嬉しさと同時に心配になったりする気持ちとの闘いでもあったように思います。 性別がだいたいわかっていても、名前も候補を決めていても、まだ確定してない名前で呼ぶのもなんとなくちがうかな?とあだ名をつけて呼びかけていました。 おーい。とか、おきてるー?とか、そんなたわいもない話しかけですが… つわり対策で吐き気があっても胎教に、モーツァルトがいい。と何かで読んで、CDを買ってきて聞いていました。果たして何か効果があったのか…?我が子はあまり音楽の方面に明るくなさそうですが、オンチながらも歌を楽しそうに口ずさんではいます。